(サンプル)日本会社
                                           

(サンプル)プロデューサー/作曲家一緒にやりませんか?

【仕事内容】

八月の午後のは府立第X×中学の野球グラウンドの上に照りつけていた。
グラウンドでは三年級のティームが猛練習の最中だった。こっちのスタンドには三年級受持うけもちの倉持教諭が、同僚の化学の教師と共に話していた。
「あの捕手キャッチは肩も良いし、とても綺麗なプレイをするが、何という生徒だね」
「あれか、あれはそら、先月だったかC・C・D潜水艦事件で手柄をあげた、あの春田龍介はるたりゅうすけだよ」
「ああ、あの少年探偵か、ふーむ」
「二年級のキャプテンをやっているんだ。とてもしっかりしている。秋には全国中等学校野球大会へ出るんで、この暑いのに毎日猛練習さ。あれで家へ帰ると、父さんの化学実験の手伝てつだいをするんだそうだからね……」
話しあっていた時――詰衿服に鳥打帽をかぶった混血児の少年が、スタンドに上ってきた。
「春田龍介君にお眼に掛りたいのですが」
「何の用だね」倉持教師が振返ふりかえっていた。
「手紙を頼まれて来たんです」混血児の少年はそういって、黒い封筒にはいった書面を見せた。
「じゃ待っていたまえ、いま練習中だからね。もうすぐ休憩になる」
「では、先生からおわたし下さい。僕ちょっと急ぎますから」
少年はそういうと、黒い封筒の書面を倉持教師にわたして、さっさと立去たちさった。
と練習がすんで、全身汗みずくになった龍介が、皆と連立つれだってベンチの方へかえってきたので、倉持教師がスタンドを下りてきて声をかけた。
「やあ、諸君御苦労さん……ところで春田君、いま君にこの手紙を届けてきた者があるよ」
「そうですか、どうも有難うございます」
受取ってみると黒い封筒、なんだか妙に忌わしいような気持がする。開けて見ると白い紙へ朱色のインクでこう書いてあった。

少年名探偵春田龍介君足下。我等は貴君に警告す、我等は来る八月十八日深夜二時を期して、貴君の伯父おじ若林子爵家の所蔵する黄色金剛石イエロオダイア頸飾くびかざりを奪いとるべし。貴君にもしその志あらば、我等は頸飾を中心に一騎討を試みるべし。

襟飾ネクタイ組主領
【求人要項】
  • こだわりの応募条件/待遇メンバー募集, 学歴不問, 服装自由, リモートワーク可能
  • 給与/報酬体系(月給や時給等)時給
  • 給与額/報酬額(円~)1100
  • 交通費支給支給あり(一部)
  • 勤務開始日2023.04.01
「気になる」登録をする オーディションやワークショップ等費用が発生する場合があります。必ず費用をご確認ください。